学院プロフィール

建学の精神

歯科医療において歯科医師と歯科技工士は車の両輪です。歯科医師が高度で良質な歯科医療を市民に提供するには、パートナーとして優秀な歯科技工士が必要不可欠です。《歯科医師の良きパートナーは歯科医師の手で育てよう》岡山市歯科医師会会員の情熱と責任感で本学は昭和49年2月に創立されました。

教育方針

歯科技工士として必要な専門教育を施すとともに、その人格教養を高め地域歯科医療の向上発展に寄与するために、豊かな人間形成の育成、技術教育の徹底、学問の研鑽を教育方針としています。これは豊かな、技術を、学ぶと要約され学院章に象徴されています。

豊かな人間形成の育成

社会人として、また医療技術者としての心豊かな人格を育成する

技術教育の徹底

社会に出て戦力として通用する基礎技術力を育成する

学問の研鑽

日々進歩する歯科医療技術に対する前向きな探究心を育成する

沿革

昭和49年2月歯科技工士法の規定に基づき、厚生大臣指定のもとに岡山市石関町に岡山歯科技工専門学院を設立する。
昭和49年4月第1期生を迎え開学する。
昭和49年8月学校教育法の規定に基づき、各種学校の認可を受ける。
昭和55年3月学校教育法の規定に基づき、専修学校の認可を受ける。
昭和58年3月岡山市楢津に新学舎を建設し移転する。
昭和58年4月創立10周年記念式典を挙行する。
平成5年11月創立20周年記念式典を挙行する。
平成7年1月文部大臣より専門士(医療専門課程)の称号付与の許可を受ける。
平成10年8月創立25周年記念事業として実習室の技工机を全面改修し教育充実を図る。
平成11年3月卒後教育の推進を手掛ける。
平成12年9月実習備品整備事業を行い、教育充実を図る。
平成13年8月施設整備事業を行い、教育充実を図る。
平成14年7月 中国地区歯科技工士学校の第1回ブロック会議主管校を務める。
平成15年11月創立30周年記念式典を挙行する。
平成16年7月全国歯科技工士教育協議会第24回専任教員講習会の主管校を務める。
平成17年1月卒後教育(臨床研修コース)で岡山大学医学部・歯学部附属病院臨床実習を導入する。
平成17年4月岡山歯科技工専門学院機構改革を図る。
平成17年11月輝いて!おかやま大会にボランティア参加。
平成19年8月文部科学省委託事業実施(平成20年、21年も実施)
平成24年9月全国歯科技工士教育協議会 研修講演会担当校